madogiwa
PASTIME
サイトトップSynology 便利な活用色々 > DiskStationでWi-Fiを使う

DiskStationでWi-Fiを使う

掲載日:2012年10月29日 by gelsomino
DiskStation DS209+にWi-Fi USBアダプタ WLI-UC-AG300Nを接続

Synology DiskStationは、別途Wi-Fi USBアダプタ(USB無線LAN子機)を付けることで、Wi-Fi無線LANに接続することができます。DSM 4.0からはDiskStationをWi-Fiのアクセスポイント(ワイヤレスホットスポット)に設定して、PCはもちろんのことスマホやゲーム機などのWi-Fi対応機器をDiskStationを介してネットワークに接続することが可能です。
対応するWi-Fi USBアダプタを用意すれば設定は簡単。自前の環境ではバッファローのWi-Fi USBアダプタを使ってDiskStationをWi-Fiに接続しています

対応するWi-Fi USBアダプタ(ワイヤレスドングル)は、Synologyの以下のページで確認できます。

上記の通り、対応機種はDiskStationをWi-Fiで接続できるWi-Fi USBアダプタと、アクセスポイント(Synologyではホットスポットと呼んでいる)にできるWi-Fi USBアダプタの二種類があって、私は両方に対応しているバッファローの「WLI-UC-AG300N」を使用しています。

BUFFALOのWLI-UC-AG300N

「WLI-UC-AG300N」はIEEE802.11n/a/g/bに対応していて、11n使用時は最大300Mbps。存在感がありすぎるほどのバカでかい筐体は間違ってもノートPCには付けたくない逸品。しかも直販サイトで4,980円(2008年の発売開始当初は1万円超の定価だったらしい)、価格.comで調べても約4,000円という驚異的な高値(普通にWi-Fiルータ/親機が買える)。こんな高いWi-Fi USBアダプタのどこがいいんだろう・・・と思いつつも、DiskStationをアクセスポイントにしたい!というだけの理由で購入。大きさはDiskStationに付けるため小さい必要は無く、逆にちょうどいい大きさかなと思ってます。
DiskStation本体への取り付けはWLI-UC-AG300Nに付属しているフレキシブルUSBケーブルを使うことで、前面または背面のどちらのUSBポートにも問題無く接続でき、写真の通り前面に設置しています。

Wi-Fi USBアダプタをDiskStation本体に接続するとDSM 4.1で認識されて、「コントロールパネル」→「ネットワーク」の「ネットワークインターフェース」に「ワイヤレス」として設定項目が表示されます。Wi-Fi USBアダプタで、DiskStationをWi-Fiネットワーク(親機)に接続するモードがデフォルトです。

Synology DSM 4.1のワイヤレス設定(未設定時)

この画面で「ワイヤレスネットワークの設定」ボタンをクリックするとSSIDの選択画面が表示されて、予め用意してある親機を選択すると(または非表示のワイヤレスネットワークを指定する)、DiskStationをWi-Fiで接続することができます。すでにDiskStationは有線でLANに接続していますから、2本の線(有線と無線)でLANに接続されることになります。

Synology DSM 4.1のワイヤレスネットワークの設定
Synology DSM 4.1のワイヤレス設定

Wi-Fiアクセスポイントにするためには、同じく「ネットワークインターフェース」の画面に表示される「WiFi設定」のボタンをクリックします。
表示される「WiFi設定」の画面で「ワイヤレスホットスポット」を選択して「OK」ボタンをクリックすると、Wi-Fi USBアダプタを使用するモードが切り替わって、「ネットワークインターフェース」の画面には「ワイヤレスLAN」と「ホットスポット」の設定項目が現れます。

Synology DSM 4.1のWiFi設定

「ワイヤレスLAN」では、親機となるDiskStationのIPアドレスと接続するWi-Fi機器に割り当てるDHCPの設定を行います(要するにDiskStationのアクセスポイントはブリッジ接続にはならず、既存のIPアドレス/サブネットとは別のネットワークセグメントを設定する必要があるわけです)。

Synology DSM 4.1のワイヤレスLANの設定

「ホットスポット」は、SSIDの名称、ワイヤレスモード(ワイヤレスの規格)、チャンネル帯域、チャンネル数、セキュリティ規格とパスワードなどを設定します。
設定できる選択肢(例えば11nなどのワイヤレスモードの選択肢)は、使用するWi-Fi USBアダプタによって異なり、11n/a/g/bに対応するWLI-UC-AG300Nの場合には以下のようになりました。

  • ワイヤレスモード:11a、11b、11g、11n、11a+11n、11b+11n、11g+11n

なお、上記の通り2.4GHzと5GHzを同時に利用する選択肢はありません。また2.4GHzであっても、11n+11g+11bを同時に許可する選択肢はありませんでした。とは言え、今どき11bは必要無いでしょうけど・・・。

モードを「ワイヤレスホットスポット」に切り替えた直後から他のWi-Fi対応機器をDiskStationに接続できる状態になりますが、デフォルトではセキュリティは無しの設定で、誰でもDiskStationに接続できるため、SSIDの名称、SSIDの表示/非表示の設定(安全性を考慮すれば非表示が正解)、セキュリティ規格とパスワードを設定します。
残念なことに接続機器のMACアドレスを指定した許可や拒否を設定することはできませんが、WPA2とSSIDの非表示で一応安全かなといったところです。

Synology DSM 4.1のホットスポットの設定
Synology DSM 4.1のホットスポットのセキュリティ設定

設定を終えたら後はWi-Fi対応機器をDiskStationに接続するだけです。
接続されたWi-Fi対応機器は、「ワイヤレスLAN」で設定されたIPアドレスがDHCPで割り当てられてDiskStationを介してネットワークに接続できます。

今後のチェックポイント

対応するWi-Fi USBアダプタを使用することで、DiskStationを簡単にアクセスポイントにすることはできますが、一般的に販売されているアクセスポイント機能を持ったWi-Fi機器(アクセスポイント専用機やWi-Fi親機など)と比べて以下の点が残念です。

  • ブリッジ接続にならない
  • MACアドレスでアクセスが制限できない
  • 11n/a/g/bを同時に使用できない

上記、なんとかならないかなーと考えているところです。アクセスポイントとして使えることは使えるんですけどね。どうにも気に入らない(高いWi-Fi USBアダプタを買ったせいで余計に残念・・・)。

そこで簡単に調べたところ「hostapd」が使われることがわかりました。
「ワイヤレスホットスポット」を選択し設定すると「/etc/hostapd/hostapd-wlan0.info」と「/etc/hostapd/hostapd-wlan0.conf」が書き出され、hostapdが起動します。
標準でインストールされている「hostapd」は「hostapd v1.1-devel」で、ということは「macaddr_acl」と「accept_mac_file」を設定したらMACアドレスの制限はわりと簡単に実現できるかも・・・と思っています。

またブリッジについてはブリッジユーティリティの「brctl」がすでにインストールされているため、がんばって設定したらなんとかなるのかも・・・と。

11n/a/g/bの同時使用については、DiskStationにWi-Fi USBアダプタを二つ付けたらできるかも・・・と思い、対応する別のWi-Fi USBアダプタを付けてみましたが、現状のDSM 4.1は一つのWi-Fi USBアダプタしか認識しないようで、残念ながら同時使用はできませんでした。
こちらもまた「hostapd」を工夫すればできるのかもしれませんが・・・。

ということで、この辺りのことは今後時間を見つけて設定に挑戦してみたいと思っています。今回はここまで・・・

 
 

その他のページ