madogiwa
PASTIME
サイトトップ > タグアーカイブ

タグアーカイブ:DiskStation

iSCSIとファイル共有-その2

掲載日:2016年3月16日 by gelsomino
globalSAN iSCSI・Xtend SAN iSCSI・AFP/SMB/NFS Share

Mac用のiSCSIイニシエータソフトウェアであるATTO社「Xtend SAN iSCSI Initiator(以降Xtend SAN)」を導入したため、以前に書いた「iSCSIとファイル共有」のように今度はSynology DS716+をiSCSIターゲットに設定して、Xtend SAN、Studio Network Solutions社「globalSAN iSCSI Initiator(以降globalSAN)」、およびファイル共有の速度を簡単に比較してみました …
→ 続きを読む <iSCSIとファイル共有-その2>

DS716+の8GBメモリ増設と本サイトその後

掲載日:2015年12月14日 by gelsomino
DS716+のメモリを8GBに増設

最終更新日(2013年1月21日)から来年2016年の1月で約3年♪
その間(仕事などの関係で)、サイトを放置にしたにも関わらずアクセスが増えている。要するにSynologyの認知度が3年の間に向上して利用者が増えているんだろうなと思ってます。
実際、3年前にはAmazonや価格.comでSynology製品がほぼ出てこなかったけど、今では多くの主要機種が多くのショップで販売しているし、しかも恐ろしいほど高いわけでもない。入手しやすくなったなーと思う今日この頃です …
→ 続きを読む <DS716+の8GBメモリ増設と本サイトその後>

DSM 4.2ベータ版と原稿の訂正

掲載日:2013年1月21日 by gelsomino
DiskStation Manager 4.2 ベータ版登場

新年早々、2013年1月8日〜11日に米国ラスベガスで開催された「CES 2013http://cesjapan.org/)」で、Synology社がDSMの4.2ベータ版を発表しました。

今回のアップデートでは新機能の追加や性能の向上など改良点が山のようにあって「0.1」のアップデートとは思えないほど多岐にわたった改良が行われています …
→ 続きを読む <DSM 4.2ベータ版と原稿の訂正>

iSCSIとファイル共有

掲載日:2012年12月9日 by gelsomino
iSCSI vs ファイル共有

Synology DiskStaionをiSCSIターゲットに設定しMac OS X 10.8.2(正しくはOS X Mountain Lionと書くべきか)で接続して、簡単にファイル共有との速度比較をしてみました。
Windowsは標準またはMicrosoftから提供されているイニシエータでiSCSIに対応できますが、Mac OS XはAppleが対応しないため、Studio Network SolutionsのiSCSIイニシエータソフトウェア「globalSAN」をインストールして試しています。globalSANの現行バージョン「5.1.0.336」は、Mac OS X 10.8.2の対応に問題があるようで、まともにiSCSIターゲットをマウントできませんでした。そのためサイト内で小さい扱いで公開されているプレビュービルド「5.1.0.400」を試用しています …
→ 続きを読む <iSCSIとファイル共有>

automake-1.12.4のインストール

掲載日:2012年12月9日 by gelsomino

Synology DiskStationに「automake-1.12.4」をインストールします …
→ 続きを読む <automake-1.12.4のインストール>

autoconf-2.69のインストール

掲載日:2012年12月9日 by gelsomino

Synology DiskStationに「autoconf-2.69」をインストールします …
→ 続きを読む <autoconf-2.69のインストール>

CPUと開発環境の調べ方

掲載日:2012年11月27日 by gelsomino
Synology DS209+のCPUイメージ

Synology DiskStationをカスタマイズしようと思ったとき、自分のDiskStationはどのCPUを使っていて、どのbootstrap(ipkg/Optware)や開発環境を使ったらいいの?と思うかもしれません。そこで調べ方や参考になるサイトをご紹介いたします。
このサイトでは手持ちのDS209+で各種オープンソースのインストールを行っていますが、CPUを調べてそのCPUに合ったbootstrap(ipkg/Optware)やSynolgyの開発環境をインストールすることで、DS209+に限らず他のDiskStationでも基本的に同様の手順でインストールできるはずですので参考にしてください …
→ 続きを読む <CPUと開発環境の調べ方>

perl-5.16.2のインストール

掲載日:2012年11月26日 by gelsomino

Synology DiskStationに「perl-5.16.2」をインストールします。DiskStation(DSM 4.1)には標準で5.8.6(ipkgでインストールできるバージョンは5.8.8)がインストールされていますが、古いため新バージョンを別途インストールします。
コンパイルの際に「Errno_pm.PL」でヘッダファイル関連でエラーが発生しましたので簡単なパッチを当ててからコンパイルを実行しています …
→ 続きを読む <perl-5.16.2のインストール>

gdbm-1.10のインストール

掲載日:2012年11月26日 by gelsomino

Synology DiskStationに「gdbm-1.10」をインストールします。「gdbm-1.10」は「bin」ユーザが存在している必要があるのですが、DiskStationでは初期状態で「bin」ユーザが登録されていないため「環境の準備-3:開発環境他」で使えるようにした「adduser」と「addgroup」を使ってユーザとグループを追加します。
DSMで普通にユーザとグループを追加してもよいのですが、裏方用のユーザは慣例的なUID/GID(今回の場合では例えばID1)で登録して、またDSMの管理下にしたくないため「adduser」と「addgroup」を使用しています。これらのコマンドとユーザ/グループについては「作業用ユーザの作成」でも説明していますので参考にしてください …
→ 続きを読む <gdbm-1.10のインストール>

db-5.3.21のインストール

掲載日:2012年11月26日 by gelsomino

Synology DiskStationに「db-5.3.21」をインストールします。「–enable-compat185」で旧DB-1.85の互換APIを有効にしています(DB-1.85の互換モードを有効にしない方が良いという情報も見当たりますので好みの問題で有効にしています) …
→ 続きを読む <db-5.3.21のインストール>

DiskStationでNVR監視システム

掲載日:2012年11月18日 by gelsomino
DiskStation+ネットワークカメラでNVR監視システム
DiskStation+ネットワークカメラでNVR監視システム

Synology DiskStationは市販のネットワークカメラに対応していて、一般的に高価なNVR(ネットワークビデオレコーダ)+ネットワークカメラの監視システムを、安価に作ることができます。今、Amazonで買える一番安いモデルのDS112j(¥17,800)で最大5台(最大合計50FPS時)までのネットワークカメラに対応することができて、例えば、本体+2TB HDD+ネットワークカメラ×5台+追加のライセンス(後述)で、ネットワークカメラの価格次第ですが9〜12万円ぐらいで1セット組めちゃいます。ネットワークカメラ5台と2TBのHDDを付けてこの価格は、NVRの専門業者にとって脅威的なのかもしれませんね(ネットワークカメラ次第でもっと安くできるかも)。
ちなみに、よく比較されがちなQNAPのNASは、同価格帯の製品では対応するネットワークカメラの台数が2台〜4台までと少なく、安くて複数台のネットワークカメラがコントロールできるという仕様ではSynologyの方が勝っています。QNAPはNASとは別にNVRをシリーズ展開しているからかもしれませんね …
→ 続きを読む <DiskStationでNVR監視システム>

jpeg-8dのインストール

掲載日:2012年11月18日 by gelsomino

Synology DiskStationに画像系ライブラリの「jpeg-8d」をインストールします。先にインストールした「tiff-4.0.3」が依存しているようですので「jpeg-8d」をインストールした後に再度「tiff-4.0.3」をインストールします …
→ 続きを読む <jpeg-8dのインストール>

libpng-1.5.13のインストール

掲載日:2012年11月18日 by gelsomino

Synology DiskStationに画像系ライブラリの「libpng-1.5.13」をインストールします …
→ 続きを読む <libpng-1.5.13のインストール>

tiff-4.0.3のインストール

掲載日:2012年11月18日 by gelsomino

Synology DiskStationに画像系ライブラリの「tiff-4.0.3」をインストールします。「jpeg-8d(libjpeg)」と相互依存しているようですので、「jpeg-8d」をインストールした後に再度「tiff-4.0.3」をインストールします …
→ 続きを読む <tiff-4.0.3のインストール>

DiskStationでクラウドを使う

掲載日:2012年11月5日 by gelsomino
AWS Management Consoleのホーム画面

「Cloud(クラウド)」という言葉が流行ってますが、Synology DiskStationでもクラウド環境を使うことができます(「クラウド環境を使う」という言い回しは正しく無いかもしれませんがご愛嬌でお許しを)。
SynologyのDiskStationでは、外部のクラウドサービスを使ったり、DiskStationをクラウドサービスのサーバにすることができます …
→ 続きを読む <DiskStationでクラウドを使う>

gettext-0.18.1.1のインストール

掲載日:2012年11月5日 by gelsomino

(「libiconv-1.14のインストール」からの続きです。)
Synology DiskStationに「gettext-0.18.1.1」をインストールします。予め「libiconv-1.14」をインストールしておいて、その後の作業になります。「gettext-0.18.1.1」のインストールが終わったら、再度「libiconv-1.14」をインストールします …
→ 続きを読む <gettext-0.18.1.1のインストール>

libiconv-1.14のインストール

掲載日:2012年11月5日 by gelsomino

Synology DiskStationに「libiconv-1.14」をインストールします。「libiconv-1.14」は「gettext-0.18.1.1」と相互依存しているようですので、念のため「libiconv-1.14」をインストールした後に「gettext-0.18.1.1」をインストールして、再度「libiconv-1.14」をインストールするようにしています …
→ 続きを読む <libiconv-1.14のインストール>

DiskStationでWi-Fiを使う

掲載日:2012年10月29日 by gelsomino
DiskStation DS209+にWi-Fi USBアダプタ WLI-UC-AG300Nを接続

Synology DiskStationは、別途Wi-Fi USBアダプタ(USB無線LAN子機)を付けることで、Wi-Fi無線LANに接続することができます。DSM 4.0からはDiskStationをWi-Fiのアクセスポイント(ワイヤレスホットスポット)に設定して、PCはもちろんのことスマホやゲーム機などのWi-Fi対応機器をDiskStationを介してネットワークに接続することが可能です。
対応するWi-Fi USBアダプタを用意すれば設定は簡単。自前の環境ではバッファローのWi-Fi USBアダプタを使ってDiskStationをWi-Fiに接続しています …
→ 続きを読む <DiskStationでWi-Fiを使う>

sudo-1.8.6p3のインストール

掲載日:2012年10月26日 by gelsomino

あると便利な「sudo-1.8.6p3」をインストールします …
→ 続きを読む <sudo-1.8.6p3のインストール>

libtool-2.4.2のインストール

掲載日:2012年10月26日 by gelsomino

続いて「libtool-2.4.2」をインストールしてみます …
→ 続きを読む <libtool-2.4.2のインストール>

zlib-1.2.7のインストール

掲載日:2012年10月26日 by gelsomino

DiskStationの環境を調えたところで、試しに「zlib-1.2.7」をインストールしてみます …
→ 続きを読む <zlib-1.2.7のインストール>

インストール用ディレクトリ

掲載日:2012年10月26日 by gelsomino

(「作業用ユーザの作成」からの続きです。)
Synology標準のコマンド類の動作に影響を与えないように、自分でインストールする環境は専用のディレクトリにまとめてインストールすることにします。
当初、ディレクトリが深くなるのが嫌でルート直下にディレクトリを作ってインストールしたり、ルート直下だとパーティションサイズを圧迫するためデータ側(volume1)にディレクトリを作り、optwareのようにbindオプション付きでマウントしてみたりもしたのですが、問題が色々あって、最終的にデータ側(volume1)にディレクトリを作って、そのシンボリックリンクを「/usr/local」以下に設定することで落ち着きました …
→ 続きを読む <インストール用ディレクトリ>

作業用ユーザの作成

掲載日:2012年10月25日 by gelsomino

(「環境の準備-3:開発環境他」からの続きです。)
デフォルトの状態ではadminはsu rootができず、しかしrootで作業を続けるのは危険を伴うため、作業用のユーザを作成してsu rootが使える状態にしてからインストール作業を行うことにします …
→ 続きを読む <作業用ユーザの作成>

環境の準備-3:開発環境他

掲載日:2012年10月25日 by gelsomino

(「環境の準備-2:IPKG他」からの続きです。)
インストールしたIPKGを使用して作業に必要なパッケージをインストールします。
また標準でインストールされているBusyBoxに含まれないコマンドを、新版のBusyBoxをインストールして補います。
最後にSynologyの開発環境「DSM Tool Chain」をインストールすれば準備完了という感じです …
→ 続きを読む <環境の準備-3:開発環境他>

環境の準備-2:IPKG他

掲載日:2012年10月25日 by gelsomino

(「環境の準備-1:基本設定」からの続きです。)
色々なオープンソースをコンパイルしてDiskStationにインストールできるように環境の調えます。とりあえずパッケージ管理システムの「ipkg」をDiskStation DS209+で使えるようにします …
→ 続きを読む <環境の準備-2:IPKG他>

ページ 1 / 212

その他のページ